おへそ

切らない小顔治療の輪郭注射が人気を集めている理由

脇

二重あごや頬のたるみを改善させてシャープなフェイスラインを実現させる小顔治療には、手術やマッサージなどいろいろな方法が考え出されてきました。数ある小顔治療の中でも人気の高まりを見せているのは、美容クリニックで受けられる輪郭注射です。
脂肪溶解作用を持つ薬剤の注入によって小顔効果を得る輪郭注射は、手術が不要なことから「切らない小顔治療」とも呼ばれています。輪郭注射はもともとスペインで開発された治療方法で、薬剤は植物由来のメディカルハーブを主成分とするため副作用のリスクも低い点が特徴です。
輪郭注射を受けると顎の下や頬などの余分な脂肪が薬剤の効果で溶けると同時に、脂肪の代謝や血行・リンパの流れも促されます。これによって脂肪燃焼に伴う老廃物の排出も活発となるため、早い人だと施術を受けた翌朝には効果が実感できるようになります。
従来は本当に効果のある小顔治療にはメスが必要と言われていましたが、技術の進歩によって切らない小顔治療が可能になりました。輪郭注射の施術時間はわずか10分程度で済む上にダウンタイムもないため、施術を受けたその日のうちにメイクや入浴ができるようになる点も人気の理由です。可能な限り負担の軽い方法で小顔効果を得たいという人は、美容クリニックへ相談して輪郭注射が受けられるかどうか聞いてみるといいでしょう。

TOP